遺伝的要素や環境的要素が 相互にかつ複雑に関係発症する

環境的要素

育成された環境

双極性障害の中には、育成された環境が大きく関わっているのではないかともいわれています。例えば、愛情に恵まれていなかった場合や、虐待を受けて育った場合などが挙げられます。しかし現在ではまだはっきりとは因果関係が分かっていないといわれています。けれども双極性障害になりやすい原因としてストレスも大きく関係していることは判明しており、発症する年齢としても若い年代の方も多いので、育成環境は少なからず関係しているといってもよいでしょう。ストレスが原因となって双極性障害を発症するパターンは少なくありません。ストレスと一言でいっても、ストレスの原因となるものは様々です。例えば生活リズムの崩れもストレスの原因になるといわれています。他にも人生の中でも大きく悲しいことが起こってしまい、双極性障害となってしまう事例も少なくありません。

大きな出来事

双極性障害となってしまう原因の一つとして、人生の中でも大きな悲しい出来事に見舞われてしまうといったことが挙げられます。その出来事の内容として考えられるものはとても多いです。例えば家族や親しい人の病気や死、妊娠、経済状況の悪化、仕事のトラブルといったことが挙げられるでしょう。それだけでなく、自分のライフスタイルが急に変化してしまうことも双極性障害になる原因になりやすいです。体がライフスタイルに追いつかないことによって、ストレスが溜まってしまうからです。