遺伝的要素や環境的要素が 相互にかつ複雑に関係発症する

遺伝子的要素

遺伝子が関係する

双極性障害の一つとして挙げられているのが、「遺伝子的要素」です。詰まり双極性障害は生まれつき、この病気になりやすい遺伝子が決まっているという説です。しかし遺伝子で決まっているといっても、遺伝病というわけではありません。双極性障害の原因として考えられている遺伝子的要素とは、遺伝子の組み合わせによって、発症しやすくなってしまうのではないかということです。つまり、両親がこの病気でなかったとしても、遺伝子の組み合わせによって、生まれてきた赤ちゃんが双極性障害になってしまいやすい体質になってしまう、ということです。

赤ちゃんの研究結果

実際に双極性障害の原因は遺伝子の組み合わせによるものなのかどうかを確認するために、赤ちゃんの時にどのようにして生まれたか調査を行っています。その結果として、同じ遺伝子を持つ一卵性双生児では、ふたりともこの病気が発症する確率が 約50~70%ということが判明しました。更には、どちらか一方がこの病気を発症してしまった場合、もう一方の赤ちゃんも病気に掛かる確率がさらに高くなるのです。そのため、双極性障害がこの病気の原因の一つであり、深く関わっていると言うことが判明されようとしているのです。しかし、必ずしも100%この病気に掛かるというわけではないので、双極性障害にかかってしまう原因が特定の遺伝子では無く、いくつか組み合わせの条件があるのだと考えられています。遺伝子的に病気になりやすい体質だからといって必ず発症するかどうかも完全には分かっていないのです。

双極性障害の原因はなんでしょうか

双極性障害とは対極的な気分の繰り返しを起こすことです。激しく落ち込んで気分が低下している時と、激しく高揚した気分になって気持ちが高ぶっている時を繰り返します。昔は躁うつ病と呼ばれていましたが、まさにその言葉通りと言えるかもしれません。うつ状態は本人にも自覚症状がありますが、躁状態では自覚がない場合も多いようです。しかし周囲からみると躁状態は元気すぎたり、攻撃的になっていたりしてトラブルを起こしやすい状態です。 家族など周囲が促してあげて医師の診察を受けさせてあげましょう。本人はうつ病だと思っている場合もあるので、そういった場合は一緒に医師の診察を受けてあげるといいでしょう。うつ病と双極性障害では処方される薬も違います。

根気強く治療を続けましょう

双極性障害はうつ状態もあることから、うつ病と同じようにとらえてしまうかもしれません。しかしこの二つは原因も治療法も違います。双極性障害の原因はまだはっきりとは解明されていません。しかしストレスなどが原因の、こころの病とは違うようです。脳やゲノムなどの遺伝的要素が最たる原因だと考えられています。したがって、うつ病の治療で行われる精神療法などでは、双極性障害は治療ができません。うつ病はうつ状態をなくすことを目標にしますが、双極性障害ではうつ状態と躁状態の波を小さくすることを目標にします。波が小さくなって、うつ状態でも躁状態でもない安定した状態が続いても、引き続き薬を服用しないと再発する可能性が高いのです。医師や家族と二人三脚で根気強く治療を続けていきましょう。