遺伝的要素や環境的要素が 相互にかつ複雑に関係発症する

原因はなにか

判明していない

実は双極性障害のはっきりとした原因はまだ判明されていません。しかし最近原因と考えられる事柄が幾つか判明しました。それが「遺伝子的要素」と「環境的要素」です。遺伝子的要素は何らかの遺伝子の組み合わせによって双極性障害の原因となってしまうのではないかという考えで、環境的要素は育った環境が大きく影響するのではないかということです。この考えが現在双極性障害の原因として最も主力となっています。他にも「性格」や「体質」、「脳の変化」なども要素として取り上げられる事が多いです。双極性障害はこれらが複雑に関係しあったことによって、脳に影響がでてしまうことによって発症されるということが現在の双極性障害の見解です。

脳の病気

双極性障害は今まで「心の病気」だといわれてきました。しかし最近では「脳の病気」というようにいわれることが多いです。実は双極性障害が発症すると、脳細胞のミトコンドリアと呼ばれるものの機能が異常状態になってしまうことが深く関係しているのではないのかということが判明したのです。ミトコンドリアは情報伝達に深く関わる細胞の一つです。この細胞は独自のDNAを持っており、そのDNAに異常が起きてしまうことで、ミトコンドリア病と呼ばれるものにかかってしまいます。このミトコンドリア病にかかってしまった患者の中には、双極性障害にかかってしまった方が多く見られるのです。そのために双極性障害とミトコンドリア病は深く関わっており、ミトコンドリアが何らかの異常状態になってしまうと双極性障害にかかってしまうと考えられています。

双極性障害の治療方法は

双極性障害を治療するには、心療内科や精神科を専門とする医師にかかり、適正な治療を施してもらう必要があります。 双極性障害の治療には、薬物療法と心理療法を用います。薬物療法では、双極性障害治療の基本となる気分安定薬や、躁状態を抑える抗精神病薬などを使用します。場合によっては睡眠薬なども使用しますので、薬の量が増えることで不安を感じる方は遠慮せず、質問するようにしましょう。 心理療法は、患者自身や家族が双極性障害について正しい知識を習得するところから始まります。双極性障害の治療には、家族で一丸となって病気を受け入れて理解をし、立ち向かっていく姿勢が必要不可欠なのです。 治療にかかる金額はその時々で変わってきます。診察で1割負担〜3割負担、薬にかかる費用は種類や量によって変わってきます。

主な原因は過度の気遣いと過度のストレス

双極性障害の原因には「遺伝」「環境」「性格」が関係していると言われています。特に、生活環境からくるストレスや周りに対する過度の気遣いが原因とされています。 多くの場合は単極性うつ病と同様に、うつ症状から始まります。そしてある日突然、躁症状が見られるようになり、双極性障害に移行するようです。 双極性障害には「うつ状態」と「躁状態」を繰り返す特徴があります。ひどく落ち込んでいる状況が続くと思ったら、急に気分が高揚している状態になります。特に、躁状態の時は「何でもできる」というような精神状態になっていますので、言動が横柄なものになったり、高額なものを次々に購入するなど気前が良くなったりします。これが原因で社会的な信頼を失いかねませんので注意が必要です。 双極性障害の主な原因は、過度の気遣いと過度のストレスです。もしもこれらのことが自分に当てはまる場合「気を遣わないことに慣れる」「ストレスを感じるような場合は一旦距離を保つ」など、ちょっとだけ意識を変えることから始めましょう。